定着率とM字ハゲ
ホーム > 現金化 > クレジットカード換金のテクニックやリスクなどについて

クレジットカード換金のテクニックやリスクなどについて

ショッピング枠で商品を購入して現金に換えるクレジットカード換金には、自分で商品を売買して現金を得る方法と現金化業者から商品を購入して現金を得る方法があります。
自分で売買を行った場合には、やり方次第で還元率を高くすることができます。
ただし、高く買い取ってもらうための店を探すことなどに手間や時間がかかるので、すぐに現金化することは難しいです。
また、買取店の買取価格は常に変動するのでマメな情報収取が必要になります。
ゲーム機やブランド品や商品券や金券は、換金率が高くなりやすいです。
換金率を少しでも高くするためには、それぞれの商品に特化した店に商品を持ち込むことが大切です。
例えば、ゲーム機であればゲームショップへ、ブランド時計であれば中古ブランド時計専門店へ持ち込みます。
ゲーム機をリサイクルショップなどに持って行くと、買取価格が安くなることが少なくありません。
また、自分で商品を売買してクレジットカード換金を行う場合は、カード利用停止のリスクが高くなります。
例えば、ゲーム機や商品券をクレジットカードのショッピング枠で大量に購入すると、カード会社から転売目的だと見なされてカード利用停止になる場合があります。
一方、現金化業者に依頼した場合にはカード利用停止になるリスクは少ないですが、換金率が少なくなるというデメリットがあります。
自分で売買を行った場合とは異なり、業者に依頼すると手数料が別途必要になるからです。
また、稀ですが悪徳業者に当たるというリスクもあるので、気を付けなければいけません。

ネオギフトの評判はこちら